So-net無料ブログ作成

バンパーケア。それと・・・ [パンダ]

先日フロントバンパーをちょこっと補修して気分が良くなったので、今回は白くなってきたウレタンバンパーに保護材を塗ってやる事にした。っといっても、新しく保護材買ってきて施工!って訳じゃなく、以前かやらなきゃって買ったものの、面倒くさくてそのままにしてた事をやっとやっただけなんだけどね(苦笑)
んで今日の主役はこれ。
IMG_0191.jpg
皆さんご存知の“AUTO GLYM BUMPER CARE”
いまや自動車用品量販店でも取り扱うようになったこのアイテム。正直それほど期待はしてなかったけど、なんとなんとなかなかの仕上がり!塗りこむごとに艶が戻って“黒い”バンパーが復活!!
IMG_0182.jpg
塗り込む前・・・カサカサです。

IMG_0183.jpg
塗り込み後・・・黒々ツヤツヤ!上出来です。

でもなぜか、左側のドアと前後フェンダーのモールだけはうまく浸透せず・・・
IMG_0177.jpg
ムラが気になる・・・
なんでだろ?そこのときだけものすごい静電気を感じたけど、それが原因か??まぁそれでも十分に納得出来る効果がありました。さて次は何に手を入れてあげようか(笑)

そして・・・ここで新しい寄り道コースの開設のご報告!ついにパンダの足導入決定!!といっても、ブログをサボってた間に契約は済ませてあったんだけどね。それが本日納車になります!で当然ながらうれしくて走り回ってくるので、詳細は次回の更新のときにのっけます(笑)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ひさびさのパンダD.I.Y. [パンダ]

先日、以前にぶつけたリアバンパーを交換してもらうため、いつもお世話になってるショップ にパンダを連れて行った。リアだけでなくて、フロントバンパーの右側のボルトが外れてカタカタなってたので、ついでに取り付け直しをお願いしたところ「バンパー側のブラケットが根元から折れてるのでムリだねぇ」とのこと(涙)
IMG_0185.jpg
中古品を探してもらったけど同じところが折れてる物ばかりでダメ。新品はちと高いし走る事に支障はないので、とりあえずそのままでってことに。が、家に戻ってから垂れ下がったバンパーを見ると不憫にみえて「何とかならんかねぇ」と考えたあげく・・・!思いついた。今回はブラケットの下側の山が残ってるのでそこにアングルをつけて支えたら良いんじゃない?んでさっそく作業開始!とりあえずバンパーを外そうと思ったら反対側のボルト位置に何やらタンクらしき物が・・・これ外すのも大変そうだし、該当部分さえスペースが確保出来ればいいやってことで右側だけボルトを全部外して、必要部分のサイズを測ってアングルブラケットを自作。これを生き残ったブラケットの山に固定してボルトを差し込むつもりだったけど、ここで問題が2つ発生。まずは、もともとUの字に切られた溝にボルトが差し込まれるようになっていたので、ただ穴をあけてる自作ブラケットではボルトを後から差し込む事はできない。でもU型に切り込む工具は無いので、ボルトを最初から差し込んでおくってことでこれはクリア。つぎは、ブラケットに対して下から何かしらで固定するつもりがスペースがなく締め付けられない・・・これは何ともしようがなく、今回はアングルブラケットとボルトで、わずかに残った旧ブラケットのフランジ部分を挟み込んで押さえこむ事にして、とりあえず完成。
IMG_0181.jpg

まぁそれなりに巧くいったけど、これだと上下に外れる事は無いけど横方向には弱いよねぇ(汗)でもまぁ応急としては上出来ってことで満足してます(笑)
ちなみに今回なかなかのネタだったはずなのに、ブログの事など長く考えてなかったせいか、画像をほとんど取らずに作業を進めてしまったので乗せれたのは2枚だけ・・・次はちゃんとやります(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

サボってる間に・・・ [独り言]

久々の更新です。日々の忙しさにかまけて離れてたら、復帰するまで時間がかかってしまった・・・
でもその間に先週末の「東北地方太平洋沖地震」・・・次々と送られる映像にただ声を失い、何もできない自分に苛立ちさえ覚えるような日々を送っているのは、自分だけではないと思います。
 被災された方々の恐怖や不安そして悲しみは想像を絶するものだと思います。今は先の事など考える余裕は無いかもしれません。でも・・・使い古された言い方ですが、明日は必ずきます。明けない朝はないのです。それを素直に受け入れる事ができるまで時間がかかるかもしれませんが、どうかそれまで頑張ってください。それから自分達の代わりに必死で救護救援活動を行っている、自衛隊や消防・警察そして義援隊の皆様、目の前に広がる光景は肉体的にも精神的にも辛いものばかりだと思います。でも今はみなさんが頼りです。頑張ってください。それしか言えませんが、よろしくお願いします。頑張ってください。
 そして普通の生活を送れる自分達は、被災された方々が帰ってくる場所を守っていかなければいけません。それは市場を守るという事です。もちろんマネーゲームをやってという事ではありません。いつものように、いや、いつも以上に頑張って仕事をして消費をして、日本の経済を支えるという事です。そして被災地の復興がなった時、すべての人が仕事に復帰してその後の不安を持つ事の無いようにする事。それが被災しなかった自分達の務めだと信じます。
 最後に改めて、被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に、一日でも早く日常の生活に戻られ不安が取り除かれるようお祈り致しております。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。